給付金請求の流れ

B型肝炎の給付金を受け取るための訴訟の流れを説明しましょう。まずは必要な書類を集めます。たとえばB型肝炎に持続的に感染していることを示す書類が必要です。また、満7歳までに集団予防接種を受けてきたという書類も必要でしょう。さらに母子感染でないことを示す書類も必要となります。集団予防接種以外に感染原因がないことを示す書類も準備しなければいけません。

裁判所必要な書類を集めたならば、国家賠償請求訴訟を提訴することになります。そのためにまずは訴状を作成します。そして、必要書類とセットで裁判所に提出します。裁判所は期日を指定します。その日に弁護士が裁判所を訪れて和解の手続きをすることになります。これは裁判上の和解であり、ここで給付金の学が決定されて、和解調書というものが作成されます。

そして最終的には社会保険診療報酬支払基金に対して支給を請求すれば給付金を受け取ることができるのです。実際にはこれについても弁護士が代行してくれるでしょう。弁護士から弁護士費用を引いた分のお金を振り込んでもらうことになります。

このような流れでB型肝炎の給付金を受け取ることができるのです。弁護士に相談をすることでスムーズに受け取れるでしょう。