給付金請求の流れ

B型肝炎の給付金を受け取るための訴訟の流れを説明しましょう。まずは必要な書類を集めます。たとえばB型肝炎に持続的に感染していることを示す書類が必要です。また、満7歳までに集団予防接種を受けてきたという書類も必要でしょう。さらに母子感染でないことを示す書類も必要となります。集団予防接種以外に感染原因がないことを示す書類も準備しなければいけません。

裁判所必要な書類を集めたならば、国家賠償請求訴訟を提訴することになります。そのためにまずは訴状を作成します。そして、必要書類とセットで裁判所に提出します。裁判所は期日を指定します。その日に弁護士が裁判所を訪れて和解の手続きをすることになります。これは裁判上の和解であり、ここで給付金の学が決定されて、和解調書というものが作成されます。

そして最終的には社会保険診療報酬支払基金に対して支給を請求すれば給付金を受け取ることができるのです。実際にはこれについても弁護士が代行してくれるでしょう。弁護士から弁護士費用を引いた分のお金を振り込んでもらうことになります。

このような流れでB型肝炎の給付金を受け取ることができるのです。弁護士に相談をすることでスムーズに受け取れるでしょう。

弁護士に相談する

B型肝炎の給付金のことについては弁護士に相談をすることをおすすめします。それにはさまざまなメリットがあるからです。

弁護士まず、訴訟をするというのは素人にはなかなか難しいことです。そのため、専門家である弁護士に依頼をすることをおすすめします。そうすればスムーズに手続きを進めることができるでしょう。給付金の請求をするには、きちんと書類を集めなければいけません。たとえば母子手帳や医療記録などを集めて、自分がB型肝炎の感染者であり、それが国の責任によるものであることを証明しなければいけません。書類が不足していれば給付金を受け取ることができません。弁護士に依頼をすれば、しっかりと書類を用意してくれるでしょう

また、弁護士は手続きの代行をしてくれます。たとえば裁判所との手続きをするためには時間がかかります。ミスをしてはいけません。実際に裁判所まで行かなければいけないのです。これを自分でやるのは面倒でしょう。弁護士に任せておけば、自分でしなければいけないことはほとんどありません。最終的には弁護士からお金を振り込んでもらい、給付金を受け取ることができるのです。

また、国が弁護士費用の一部を負担してくれる制度もあります。そのため、費用面での心配をする必要はありません。弁護士に頼むメリットはたくさんあるのです。

関連HP≪B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所

B型肝炎の給付金請求

B型肝炎という感染症があります。こちらはB型肝炎ウイルスに感染してしまうことで発症する病気のことです。症状が軽い場合もあるのですが、酷い場合には死に至ることもあります。肝硬変になってしまったり、肝がんになってしまうリスクも高まってしまうためです。

給付金B型肝炎は国の責任で多くの被害者が出てしまったために給付金を国が支給するという制度が生まれています。しかし、給付金を請求するためには裁判で訴訟をしなければいけません。これは素人にはなかなかできることではないため、弁護士に相談をするケースが多いのです。

弁護士をこれまでに利用したことがないという方はたくさんいるでしょう。日本人は日常的に弁護士に何かを相談するという機会がほとんどないからです。そのため、弁護士のことについて何も知らないという方は多いでしょう。これからB型肝炎のことについて弁護士に相談をするにしても、そもそもどうやって選べば良いのか、どのくらいのお金がかかってしまうのか不安になっている方はたくさんいます

こちらではこのような不安を抱えている方のために弁護士を利用する際のポイントについて紹介しましょう。きちんとポイントを理解しておくことによって、弁護士を有効活用できます。いきなり弁護士を利用するのではなくて、まずは何に注意するべきなのか理解しておくことは大切です。B型肝炎の給付金請求には期限があるため、早めに手続きをするべきです。ぜひともこちらを参考にしてください。