弁護士に相談する

B型肝炎の給付金のことについては弁護士に相談をすることをおすすめします。それにはさまざまなメリットがあるからです。まず、訴訟をするというのは素人にはなかなか難しいことです。そのため、専門家である弁護士に依頼をすることをおすすめします。

そうすればスムーズに手続きを進めることができるでしょう。給付金の請求をするには、きちんと書類を集めなければいけません。たとえば母子手帳や医療記録などを集めて、自分がB型肝炎の感染者であり、それが国の責任によるものであることを証明しなければいけません。

書類が不足していれば給付金を受け取ることができません。

弁護士に依頼をすれば、しっかりと書類を用意してくれるでしょう。また、弁護士は手続きの代行をしてくれます。たとえば裁判所との手続きをするためには時間がかかります。ミスをしてはいけません。

実際に裁判所まで行かなければいけないのです。これを自分でやるのは面倒でしょう。弁護士に任せておけば、自分でしなければいけないことはほとんどありません。最終的には弁護士からお金を振り込んでもらい、給付金を受け取ることができるのです。

また、国が弁護士費用の一部を負担してくれる制度もあります。そのため、費用面での心配をする必要はありません。弁護士に頼むメリットはたくさんあるのです。

給付金請求の流れ